【お店が他のお客さんにどう使われているか?を発信する】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【お店が他のお客さんにどう使われているか?を発信する】

 
富田林の実家の近くのオゼルブさんが、最近参考になる投稿してくださってます。
SNSって結局、ファンや一度使ったお客さんが、ほぼフォロワーなので、
お店が他のお客さんにどう使われているか?
を発信するのって大事ですね。
「あ、あのお店はこんなこともできるのか?」を知って貰えると、次回その人に同じニーズが発生したときに、
候補に挙がる
ということですね。
もちろん、同じ人が同業種のお店フォローしてることは普通で、ライバルは沢山いるんで、絶対選ばれるわけじゃないですが。
でも、
お客さんの心のシェアNo1
を獲ってると、選ばれやすいと思います。

文責:きんきうぇぶ 藤井
当投稿はきんきうぇぶ全体の考えではなく、藤井@フランス料理には久しくご縁がない個人の意見です。

2018/07/09 17:43に更新

関連記事

  1. 【いろんなSNSやってる場合、投稿内容は別に内容にするべき?】

  2. 【いやー、やっぱすげーな、ミルクボーイ。】

  3. 【七五三の着付け、根こそぎ集客するには?】

  4. 【毎日同じことをする意味を敢えて問う】

  5. 【インスタグラムはシェアしづらいと思うんですが、どうなんでしょう…

  6. 【今年はさらに豪華!】

集客のネタ話

  1. フェイスブック・ロゴ
    フェイスブック広告で、終了したキャンペーンを「複製」で、新たにキャンペーンを作ると、…
  2. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  3. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  4. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  5. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
ページ上部へ戻る