【「新しいお客様」のためのショップ作りを】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【「新しいお客様」のためのショップ作りを】

 
こんな記事がありました。
https://netshop.impress.co.jp/node/4902
文中で、
「「新しいお客様」のためのショップ作りを」
という下りがありましたが、そうだなーと共感しました。
ネットショップだけじゃなくて、こういったSNSの投稿でもそうで、常に
自店・自社を知らない人にも届いている可能性
も考慮しておかないといけないですね。
というか、最近いろんなフェイスブックページに「いいね!」させて頂いて、情報を受け取ってますが、
あれ?このお店、どこにあるお店だったかな?
という投稿よく目にします。
シェアとか拡散された場合に、一々どこのお店か知らさせる手間があると、一定の脱落者が出ます。
毎回だと面倒でしょうけど、たまには住所やホームページのURL入れたりするといいんじゃないでしょうか?
また、フェイスブック投稿だと投稿後も「編集」ができますので、
拡散されだした投稿に住所が載ってない場合は、あとで追記する
という心配りもやってみる、というのはどうでしょうかね?
もちろんお金かけて投稿を宣伝する場合は、必須ですね。
===
もしこの投稿で何か得る所あれば、お知り合いの方にも
「いいね!」や「シェア」でお知らせくださいm(_ _)m

文責:きんきうぇぶ 藤井
当投稿はきんきうぇぶ全体の考えではなく、藤井個人の意見です。

2017/11/27 9:17に更新

関連記事

  1. 【フェイスブックからもインスタに同時投稿できるようになったんです…

  2. 【LINE@の活用で参考になる動物病院さん】

  3. 【Web系の勉強を本職に学ぶならCSS Niteがオススメ】

  4. 【いいですねー、リピートは質が大事なので、休むのも大事かも。】

  5. 【アピール大事】

  6. 【ワードプレスからフェイスブックページに自動投稿したい場合】

集客のネタ話

  1. フェイスブック・ロゴ
    フェイスブック広告で、終了したキャンペーンを「複製」で、新たにキャンペーンを作ると、…
  2. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  3. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  4. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  5. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
ページ上部へ戻る