【「新しいお客様」のためのショップ作りを】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【「新しいお客様」のためのショップ作りを】

 
こんな記事がありました。
https://netshop.impress.co.jp/node/4902
文中で、
「「新しいお客様」のためのショップ作りを」
という下りがありましたが、そうだなーと共感しました。
ネットショップだけじゃなくて、こういったSNSの投稿でもそうで、常に
自店・自社を知らない人にも届いている可能性
も考慮しておかないといけないですね。
というか、最近いろんなフェイスブックページに「いいね!」させて頂いて、情報を受け取ってますが、
あれ?このお店、どこにあるお店だったかな?
という投稿よく目にします。
シェアとか拡散された場合に、一々どこのお店か知らさせる手間があると、一定の脱落者が出ます。
毎回だと面倒でしょうけど、たまには住所やホームページのURL入れたりするといいんじゃないでしょうか?
また、フェイスブック投稿だと投稿後も「編集」ができますので、
拡散されだした投稿に住所が載ってない場合は、あとで追記する
という心配りもやってみる、というのはどうでしょうかね?
もちろんお金かけて投稿を宣伝する場合は、必須ですね。
===
もしこの投稿で何か得る所あれば、お知り合いの方にも
「いいね!」や「シェア」でお知らせくださいm(_ _)m

文責:きんきうぇぶ 藤井
当投稿はきんきうぇぶ全体の考えではなく、藤井個人の意見です。

2017/11/27 9:17に更新

関連記事

  1. 【営業日は毎日投稿、さすがです】

  2. 【クラウド会計の料金値上げがすごい!】

  3. 【インスタグラムはシェアしづらいと思うんですが、どうなんでしょう…

  4. 【「日本初」と「日本で唯一」CM効果が高いのは、さてどっち?】

  5. 【いろんなSNSやってる場合、投稿内容は別に内容にするべき?】

  6. 【なんとなく満席そうだから、こういうの助かりますね。】

集客のネタ話

  1. 問い合わせ
    店頭でも電話でもメールでも問い合わせや聞かれたことは、ニーズ…
  2. ホームページ修正作業会
    緊急事態宣言出なかったら、もくもくとホームページ修正作業する会しようと思ってたんでで…
  3. フェイスブック・ロゴ
    以前からフェイスブックの投稿を広告にしてフェイスブック広告は使ってました。…
  4. 100回参り11回目
    本日(2021/01/11)も無事、11/100回目の #百回参り 完了。連続は無理と思って…
  5. えべさんの吉兆2021
    昨日(2021/01/10)、イケメン宮司のいる #千代田神社 さんに#えべっさん …
ページ上部へ戻る