【ネットとリアル店舗の融合の一つのアイディア】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【ネットとリアル店舗の融合の一つのアイディア】

 
ネットとリアル店舗の融合の一つのアイディアです。
実店舗運用されてる方からすると「大外れ」かもしれませんが、とりあえずアイディアの一つとして書かせて頂きます。
ネットだけの世界で生きてきた人間から見ると、店舗がある、というのはそれだけで強味になってる部分もあります、うらやましい所が一杯です(笑)
また、EC通販は、もう古くからありますしブランドや、メーカーすら通販に進出してきてますので、そういう状況で今からまともに勝負を挑むのは厳しいかなと。
なので、販売店舗をやっておられる場合、地元で商売やられて長年の実績お有りなので、まずは
商圏内向けのネット通販サイト
という位置づけにしてもいいかもしれません。
それである程度体勢が整ってから、本格的に全国に勝負掛けていく、という流れかなーと。
今、商圏は、自店が中心で最大5km前後の範囲かと思いますが、もう少し広げた地域を対象エリアにします。
SNSで未認知客、潜在顧客にリーチ(接触)し店舗に誘導はもちろんやります。
対象エリアを広げた部分で遠方だと車がないとかだとちょっと行きづらい地域向けに通販をやる、という位置づけです。
まぁ、配達されてもいいですが、配達料金も頂くくらいなら宅配便会社使う方がいいんじゃないでしょうか。
この場合、通販サイトでは、
・決済方法に「店舗決済」
・配送方法に「店舗受取」
を追加しておくと、
・店舗で取り置き
もしくは
・指定の商品がなければ取り寄せしておく
というのができるかなと。
(本屋さんの取り寄せと同じイメージです)
こういう感じに地元の方に見て頂くカタログサイト的な使い方をすれば、現在は、
・店の存在走ってて毎日見てるけど、
 開店時間に店に立ち寄れずにどんな商品があるか分からないお客さん
(= ニーズがあるのに店舗に寄れない都市部への通勤客)
も、サイトでじっくり見て自分の休みの日に店で受け取れる、もしくは買いに行きたくなる導線ができます。
地元のお店に行かない理由は、
・開店時間中にいけない
・欲しい商品があるかどうかわからない
・買い物しないのに入り辛い
というのが3大要因じゃないかなー・・・と思いましたが、如何でしょうか?
SNSだとどうしても商品紹介を詳しくやるのは字数や見やすさの部分から、厳しいのでサイトでカタログ的に見せるという方が良いかなと。
こんな感じでネットの活用も考えてみては如何でしょうか?
ご参考まで。
#ネット集客 #店舗への集客
===
もしこの投稿で何か得る所あれば、お知り合いの方にも
「いいね!」や「シェア」でお知らせくださいm(_ _)m
このフェイスブックページにも「いいね!」して頂けると嬉しいです。

文責:きんきうぇぶ 藤井
当投稿はきんきうぇぶ全体の考えではなく、藤井個人の意見です。
—>

関連記事

  1. 【ドメインの移譲してもらうには?】

  2. 【従業員20人迄の小企業の経営計画に感動してます。】

  3. 【マイクロコピーという手法】

  4. 【アパレル系のお話ですが、色々興味深かったです。】

  5. 【ぜひ、読んで頂きたいです、閉鎖寸前からの復活物語】

  6. 【σ(・∀・)ワシのゆーとおりやっとったら、儲かりますねん!えっ…

集客のネタ話

  1. フェイスブック・ロゴ
    フェイスブック広告で、終了したキャンペーンを「複製」で、新たにキャンペーンを作ると、…
  2. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  3. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  4. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  5. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
ページ上部へ戻る