【情報発信で「先生」になる】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【情報発信で「先生」になる】

 
安定的に商売をやっていくには、お客さんに
・知ってもらって(未認知客)
・覚えてもらって(潜在顧客)
・選んでもらって(見込み客)
・買ってもらって(お客)
・思い出してもらって(リピーター)
・好きになってもらう(ファン)
ことが必要です。
この流れを
コストをかけずにスムーズにする
ことが
集客の仕組み化
です。
で、手軽に情報発信できるSNSとかブログ、ホームページで何をしたらいいのか?という話しです。
売ってる商品の紹介というのも、もちろんあるんですが、目標・目的としては、
うちは、あなたにお金払って頂けるほど価値がある
を理解してもらうことです。
「良い商品ですよ」「美味しいですよ」
という情報発信でもいいんですが、それだと
良ければ買ってくださいm(__)mとお願いする立場
になります。
でも、普段から
あなたがこうしたいときは、こうすればよいですよ
ということを情報発信してると、
私の役に立ちそうなので、ぜひ売ってください
という関係にすることができます。
「〇〇の先生」になるということですね。
先生、というとあれなんですが、
「〇〇に詳しい人、信頼できる人、相談したい人」
です。
家電に詳しい人、ヘアカラーに詳しい人、子供の体力づくりに詳しい人、勉強方法を教えるのに詳し人、スイーツに詳しい人、牛肉に詳しい人、コーヒーに詳しい人・・・。
何か必要になったときに、「あの人にちょっと相談したい」という立場になる、ということです。
例えて言うと、ネット集客実践クラブは3年目に入りましたが、
3年前の発足時点で、経営コンサルティングサービスを
販売する
のと、
3年間様々な集客についての情報発信してた後に、
経営コンサルティングサービスを販売する
のとでは、
同じサービスなのに欲しくなる度は違う
と思います。
なぜなら、なんとなくだと思いますが(笑)、
集客について結果だしてもらえそうという信頼感

普段の情報発信のお陰で出来上がってるから
ですね。
集客で困った時にアドバイス欲しい、という雰囲気ができてます。
(実際に役に立てるかどうかはまた別として(笑))
ま、先生になるとか、色々難しいこと言いましたが、要は
ご自身が好きでその商売を選んでるんだから、
好きな理由や、こだわりについて公開してください
ということですね(笑)
今までの情報発信の仕方をちょっと変えて、
「自分の知らないこと知ってる、自分より詳しそう」
と思ってもらえるだけで、
商品の欲しい度が変わるので、
売れ行きも変わってきますよ
というお話でした。
===
ふじい@うちも別に狙って集客のこと書いてるわけじゃなくて、
集客って色々工夫することがあるから面白い
と思って更新しているだけなんです。
みなさん色々工夫してますしね、そのアイディアを知るのが楽しいだけなのです。
それが結果的に、読んでくださってる方々のお役に立ってればいいのかなと思います。
>

関連記事

  1. 【"年収700万が当たり前"大阪の非常識な理…

  2. 【ファンを増やすには、「あなたのために」を感じてもらうこと】

  3. 【求人もお客様目線で】

  4. 【えー!セリアに100円の手作り時計キットなんてあるんですか?!…

  5. 【「応援キップ」いいすね】

  6. 【ネットで集客した後は、アナログで対応!も大事】

集客のネタ話

  1. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  2. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  3. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  4. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
  5. LINE
    もともとPC(Win10 パソコン)の不調があり、春休みで子供の勉強を見ながら、合間を見てPCの再イ…
ページ上部へ戻る