【お客さんを買いたい気にするには、1つのことで合格点とらなくてもいい】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【お客さんを買いたい気にするには、1つのことで合格点とらなくてもいい】

 
SNSやホームページで「お客さんを買いたい気持ちにするには?」についてです。
もうすぐ高校入試ですが、入試で良く言われるのは、
全部問題解けなくても良い
ということです。
(えーと、受験の専門家も見てるので間違ってたらコメント下さい(笑))
要は受かるのが目的なんで、全問正解じゃなくても
合格点獲れれば良い
ということなんですね。
得意な部分で点を重ねて、合格点を獲れたら合格できます。
(塾の方々、間違ってたらご指摘くださいー(笑))
で、これって商売においても同じかなと。
お客さんは、
買うか、買わないか
じゃなくて、
買いたくなる合格点
があると思った方がいいのかと。
例えば、お客さん買う気持ち合格点が60点だとします。
なら、商品だけで60点取らなくてもよくて、
商品見て買いたい気持ちが30点
でも、
残り30点を別の部分で獲れたら良い
と考えるってことですね。
例えば、SNSの投稿でパッとケーキの写真を出したとします。
それだけだと、買いたい気持ちは30点までしか高まらなかったです。
(欽ちゃんの仮装大賞の審査シーン思い浮かべてください(笑)欽ちゃんと香取さんが色々言うことによって、審査員がポツポツ点数を加えて合格になる場面)
でも、写真に
「ひな祭りケーキです。

と情報追加することによって、ひな祭り前だったら10点上がるかもしれません。
これで合計40点。
さらに、
「ホールケーキだと、カワイイひな祭り専用ケースに
 お入れします」
と別の機会にでもSNS投稿したとすると、それでまた10点追加、これで50点。
もう一押しで
「ホールケーキには、ぼんぼりをあしらったロウソクも
 お付けして、子供達と盛り上がるひな祭りができますよ」
という情報も、SNS投稿したとします。
子供のテンション上がる場面をイメージさせることで、15点追加、合計65点。
ということで、見事、お客さんは
あ、いいなー
から、
お、ちょっと買いに行こう
に気持ちが切り替わりました。
ま、例だから簡単に上手い事いった感じになってますが、
商品・サービスを売るのは、こういう積み重ね
です。
いろんな角度からの情報発信の大切さ、お判り頂けましたでしょうか?(笑)
商品作る際って、色々なこと考えて工夫して仕上げておられると思うんですよねー。
その工夫や考えたことを、ぜひ発信してください。
商品の魅力的な写真を投稿するのは、もちろん半分以上点を稼げるんで良いです。
でも、それでは合格点に足りない場合があります。
そこで諦めないで、
・行きたくなる
・買いたくなる
は、別の部分からもで高めることができるので、その辺も意識して情報発信してもらえればいいなーと思います。
===
ふじい@自分達ではそういうの全然判らない!かもしれませんが、これって商品開発の計画したときに考えたことを出せばいいんです。
例えば、開発会議で
「ひな祭りケーキどうしようかー?」
「ひし餅形のケーキなんて、いいんじゃない?」
「それいいね、がんばってみるわ、抹茶スポンジと普通のスポンジとチョコスポンジ重ねたらそれっぽくなるかなー・・・」
「ひな祭りのホールケーキはどうする?」
「まー、お内裏様とお雛様を並べて、その後ろに金屏風でも付けますか」
「それだけだと、ちょとさびしいね」
「なら、ゼリーで作った菱餅のっける?」
「あ、雰囲気でるねー、いいんじゃない?」
「あとは、ろうそく灯したいねー」
「だねー・・・。
(カタログ、パラパラ)、あー、こんなぼんぼり形のろうそく立てあるよー、これいいんじゃない?」
「あ、ホントだ、これはひな祭りっぽくなって、お子さん達に喜んでもらえるかなー?」
「最近、どかっと食べることも少ないみたいだから3人家族、4人家族、5人家族想定して、3号、4号、5号で作ろうかー」
「じゃ、それでいこう!今期のひな祭りの売上は〇〇〇万円めざそう!」
というような検討したとすると、
・菱餅形ケーキあります
・菱餅形ケーキはチョコと抹茶とスポンジの三種類の味
・ホールケーキあります。
・ひな祭りっぽく、お供えの菱餅も乗っかってます
・ろうそくがぼんぼりで、お子さん達に灯してもらって
 ひな祭りのテンション上げられます。
・3人家族、4人家族、5人家族でも
 食べきれる量のケーキをラインナップします。
ということを順番に発信したらいいんですよ。
何発信したらいいのか判らないと良く言われますが、もうすでに発信ネタのリストはお手元にあるんすね。
商品化の段階で色々考えた内容 = 売るための工夫
なので、それ出すだけです(笑)
まー、後は発信の時間を確保することですかねー。
一番大事で難しいのは、実はこれなのかもしれませんなー・・・。
みなさん現状の売上でも十分なのかもしれませんが、
もっと売上増えるのに、なんか勿体ないなー
とは思いますねー。
あなたのお店、良いところ、工夫されてる所、感心するところ一杯ありますよ(笑)>

関連記事

  1. 【天は自ら扶くる者を扶く (てんはみずからたすくるものをたすく)…

  2. 【情報発信で「先生」になる】

  3. 【小手先ですけど、インスタ・アカウント名に地名入れてもいいかも?…

  4. 【動画なんかやりたいんですよねー】

  5. 【またLINE凋落の記事を見かけました。】

  6. 【パソコン潰れるの刑。追記あり】

集客のネタ話

  1. フェイスブック・ロゴ
    フェイスブック広告で、終了したキャンペーンを「複製」で、新たにキャンペーンを作ると、…
  2. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  3. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  4. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  5. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
ページ上部へ戻る