【もっと経営のこと勉強するぞ!勉強するぞ!勉強るぞ!(大事なことなので3回言いました。)】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【もっと経営のこと勉強するぞ!勉強するぞ!勉強るぞ!(大事なことなので3回言いました。)】

 

えーと、
「経営の勉強しなおしたいんですけど、
 どなたか一緒にやりませんか?」
と募集したところ、
3名の素晴らしく優秀な経営者の方
からご連絡頂きました。
(募集は、もう閉め切ってます)
ダイニングバーDream Heart-ドリームハート の長谷川さん
エメールヘア-aimere hair の木全さん
きっちんあい の今西さん
です。
まー、これが参考になるかどうか判りませんが、
経営の学びなおし
下記のような感じで考えてます。
(細かくは修正していくかもしれませんけど。

全3回です。
マンツーマン(個別)で2回です。
最終回は3人(長谷川さん・木全さん・今西さん)でお互い検討内容を発表ができればなーと思ってます。
お互いに講評しあって、勉強結果を基に相手のビジネスのヒントのアドバイスしあえればいいなーと思います。
(問題なければ、特に意見することも無いです、
日程が合わなければ、個別のネット上すかね。

見やすい資料は、ちょっとこちらで作る余裕が無さそうなので、下記を印刷していく感じになるかと思いますm(__)m
====
【経営を学びなおす】”

〇経営の原理原則とは?
・商売は、粗利益が無いと続けられない
・粗利益は、商品・サービスとお客さんのお金を交換した時のみ発生
・「買う・買わない」の決定権は、100%お客が持っている
 → お客さん起点で経営の各要素を考えて行かないと、行き詰る
・社長の仕事は、「ご苦労さん(5963)」
  5(Go)と起業したら、9(苦労)を、6(禄)に変えて、3(未来)へつなぐ
  「お客さん」には段階があるので、次の段階へのステップアップをスムーズに行い最終的に「ファン」にしていく仕組み作り
・5963にするために考えないといけない要素
  商品
  営業地域
  業界と客層
  営業方法(集客)
  顧客維持
  組織作り
  財務(お金の使い方)
  作業時間確保
  これらは「掛け算」、どれかが弱くても経営が弱くなる
・経営で考えるための要素の優先順位
  商品   27%
  営業関連 53% 計 80%
  (営業関連 = 営業地域・客層・営業方法・顧客維持)
  組織   13%
  財務    7% 計 20%
・「利益」を増やすには?
  利益は、粗利益−経費。
   利益を増やすには、粗利益を増やすか、経費を削減するか。
   経費削減には限界あるので、まず粗利益を増やす、その後、経費削減
  利益を楽に増やすには、市場占有率で1位になること
   市場占有率1位とは、シェア「26%以上」
   2位との間に「10対6」以上の差が必要
   この状態になると、2位以下と経常利益が3〜4倍の差が付く
   (上場企業の財務諸表と市場調査レポートが根拠)
・1位になると、どうして利益が増えるの?
  集客に関する各段階に掛るコストが減り、利益が増えるため
・どこで1位になるか?の選び方は間違わない
  お客は商品・サービスが欲しいのではなく、自分の願望・欲求を満たしたい
   ↓
  売上は、商品・サービスとお客さんの願望・欲求を交換して初めて生まれる
   ↓
  1位になるは独りよがりではなく、
   「お客さんの○○の為の商品・サービスで1位になる」
  が正解
・計画を立てるときに大事なこと
  願望、熱意を持つ
   これが無いと続けることができない
  計画の目的
   利益の追求ではなく、「1位作り」に置く
   利益は1位の結果。
   利益を目的に置くと自分を楽にする1位作りからブレてしまう
  目標
   今の力で1位になれる「商品」「地域」「客層」に基づいて決める
   1位になってから、別の内容に着手
〇1位作りにランチェスター法則の考え方を適用するのがランチェスター経営
・ランチェスターの法則とは?
 第一次世界大戦の勝敗の原因を研究して出された法則
 戦力が乏しい軍でも勝利に導くには?の研究
 それを経営に応用し不利な中小企業が大手に勝つには?をまとめたのがランチェスター経営
・ランチェスターの法則は2つ
 法則1、攻撃力 = 兵数  × 武器の性能
 法則2、攻撃力 = 兵数^2 × 武器の性能
 法則1は、武器の射程距離が短い場合(例えば一騎打ち)の勝敗を決める要因
 法則2は、武器の射程距離が長い場合(例えばライフル戦)の勝敗を決める要因
 経営の応用する場合は、兵が少ない軍(弱者)は、
  なるべくお客さんと接近戦で戦う(1対1でカスタマイズした内容、小回り勝負)
  敵が力を入れない狭いエリアに重点的に力を入れる
  法則2から、2対1は、実は4対1の差になる。
   具体的には、こちらがチラシ1回、相手が2回入れると、
   売上チャンスをこちらは1回、あちらは4回あるということ。
ランチェスター法則の考え方に拠って、経営の8大要素について考えて行きましょう。
====================
宿題)
あなたの
「お客さんの○○の為の商品・サービスで1位になる」
を、とりあえず考えてください。
====================
【経営を学びなおす・2回目】”

〇商品戦略(何を売るのか?)
・新規商品やサービスを考えるときに、自分の相性と成功しやすい商品、難しい商品の考え方
・成功しやすいのは自分が1位になれそうな品
・大手がやれない商品は成功しやすい
・同業が弱い業種は勝ちやすい、まずは勝ちやすきに勝つ
・用途は限定、何でもやるは「何もできない」。
客層や用途を広げると弱くなる
・細分化すると勝てる商品が見えてくる
・売る側と買う側のズレがチャンスを生む。
想定外の使われ方にチャンスがある
・やってはいけないこと=>「品数を増やす」、「関連の無い分野に手をだす」
〇エリア戦略(どこで売るのか?)
・お客が多い所は敵も多い、誰もいないところを狙う
・営業エリアは狭く、移動時間は単なるコスト
・営業エリアを決めたら、エリアを細かく区切って、そのエリアで1位になるまで頑張る
〇客層戦略(誰に売るのか?)
・客層は絞る(「誰にでも売る」はライバルに負ける)
 性別(女性・男性)
 年代(幼児・小学生・中高生・大学生・20代、30代、40代、50代、60代、70代)
 規模(大手会社・中小会社・個人)
〇営業・集客戦略(どうやって売るのか?)
・集客の流れをどうつくるか?を考える
・集客方法いろいろ
  友人知人
  異業種交流会、セミナー、経営団体への参加
  チラシ・ポスティング
  ネット(ホームページ、SNS)
  マスコミ取材、記事に売り込む(プレスリリース)
  FAXDM
  郵送DM
  タウン誌、新聞への広告
  TV・全国雑誌・ラジオへの広告
  イベント、セミナーの開催
  展示会への出店
・とにかくライバルより数をこなす(ランチェスターの第2法則)
〇顧客維持戦略
・長く経営を続けるには、リピーター、ファンを増やすことが大事
  新規顧客は顧客維持よりコストがかかる、リピーターが命。
  ファンに新しいお客を連れて来てもらう
・顧客の獲得、維持には、お客さんから「好かれ」「気に入られ」(獲得)「忘れられない」(維持)ようにする
・集客が上手く行っても「お客がいて当たり前」と慢心しない。
 おごれるものは久しからず。
〇作業時間対策
・社長の長時間労働は当たり前(従業員には押し付けない)
・人の2倍働くなら1日10時間、3倍なら12時間、4倍なら14時間、5倍なら16時間
 必勝は3倍、圧勝は4倍
 普通の中小企業は、年間100日休みだと、合計で1850時間。
3倍は3200時間、4倍は4140時間
====================
宿題)
前回決めたあなたの
「お客さんの○○の為の商品・サービスで1位になる」
で修正するところがあれば修正し、
1位になるための商品・エリア・客層・営業方法・顧客維持
について何をやっていくか検討してみてください。
====================
【経営を学びなおす・3回目】”

自分で検討した内容を発表してみよう。
>

関連記事

  1. 【「応援キップ」いいすね】

  2. 【続編が気になる記事、「共感」「応援」を得る仕組みを考える】

  3. 【Instagramで飲食店から料理を注文できる機能を導入開始】…

  4. 【ネット集客実践クラブ、おかげさまで1周年】

  5. 【1万円もあればワードプレスで綺麗なサイトが作れますよ】

  6. 【育てるところから見てたら、それは食べたくなる】

集客のネタ話

  1. フェイスブック・ロゴ
    フェイスブック広告で、終了したキャンペーンを「複製」で、新たにキャンペーンを作ると、…
  2. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  3. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  4. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  5. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
ページ上部へ戻る