【検索キーワードの変遷を見つけて、戦場を前に移すことを考えたいですね。】

ネット集客実践クラブ(大阪)

【検索キーワードの変遷を見つけて、戦場を前に移すことを考えたいですね。】

 
今日、ちょっと知り合いのフェイスブックページを見てて、
毎日、凄い勢いで投稿してはるなぁ〜・・・
と思いました。
でも、よく見るとワードププレスのブログ記事の投稿ばかりで、さらに、よくよく見ると
初回の投稿が過去の日付!?
なーんだ、自動投稿かー・・・と種明かしを見ればすっきり!なのですが、ふと、
あれ?過去の記事をFBへの自動投稿ってどうやってるんだろ?
と思って、どういう方法があるのか調べてみました。
グーグルで検索したのですが、最初検索したキーワードは、
「ワードプレス フェイスブック 自動投稿」
でした。
いろいろ検索結果は出てきましたが、それらの内容は
ワードプレスに投稿されたときに、「同時に」フェイスブックページにも投稿する
という方法の説明ばかりでした。
これは目的と違います。
なので、再検索しました。
次に検索したキーワードは、
「ワードプレス フェイスブックに何度も」
です。
これまた、色々と検索結果が出てきましたが、ワードプレスからフェイスブックへの自動投稿の手順であったり、何度も投稿するのは嫌われる、などなどでした。
また検索のやり直しです。
さらに再検索したキーワードは、
「ワードプレスの記事を何度もTwitter」
です。
「フェイスブック」を入れると自動連携させる方法ばっかり出てくるので、Twitterに変更してみました。
これでようやく
http://infa-school.com/twitter/past-posts-tweet.html
の記事にたどり着きました。
あー、こういうプラグインがあるんだなぁ・・・と判ったので、
「過去記事自動投稿 フェイスブック」
で再検索すると、
「Revive Old Post」
が出てきて、さっきのURLでも紹介されていたプラグインでOKっぽいということにたどり着きました。
こんな感じで、検索者って色々な段階を経て
「Revive Old Post」
の検索にたどり着くわけです。
「Revive Old Post」というのは、例えると
「店名」「サービス名」「商品名」
になります。
店名だと競合は少ないですが、「商品の型番」とかだと、ネットでは、それこそ全国の取扱い店舗全部がライバルになるわけで大変です。
ところが、検索の意図を汲みとって、前段階、前段階へと戦場を移すことができれば、例えば
「ワードプレス フェイスブックに何度も」
だと簡単に上位表示できて、かつ、ライバルに知られることがないポジションを得ることができます。
今回の内容と同じように
「サービス名を検索するのは、どうしてか?」
「その商品を探すのは、何が目的か?」
を考えて頂くと不毛な競争から脱出して、お客さんを
青田買いできる
ということになります。
「戦場を前へ」
「一歩でもお客さん悩みや要望の前段階へ進むこと」
考えてみてください。
#ネット集客
===
もしこの投稿で何か得る所あれば、
「いいね!」
お願いします。
このフェイスブックページにも「いいね!」して頂けると嬉しいです。
ネット集客実践クラブを含むきんきうぇぶの勉強会・開催講座の全情報は、下記LINEでお知らせいたします。
https://line.me/R/ti/p/%40gtm3428z

文責:きんきうぇぶ 藤井
当投稿はきんきうぇぶ全体の考えではなく、藤井個人の意見です。

2018/01/01 13:52に更新

関連記事

  1. 【ネット集客とは関係ないですが、先生って大変と思います。】

  2. 【何をアピールするか?も大事】

  3. 【なんちゅう美味しいお肉なんや!】

  4. 【周りと比べるより、昨日の自分と比べる方がいいかなー?】

  5. 【 書いたとて、他人は判ってくれないもの 】

  6. 【"年収700万が当たり前"大阪の非常識な理…

集客のネタ話

  1. 他のサイトをしっかり調査
    今、ランチェスターの経営商材を売るためのページ作りで四苦八苦してます。大体の所の原稿は完…
  2. ランチェスター法則による、損害保険会社の経営戦略
    当方の商売やアドバイスのベースになってる竹田ランチェスターの竹田先生のところから、封…
  3. 単にSNS投稿してるだけでフォロー・いいね! が増えると良いんですけど、ま、…
  4. ネット集客 大阪
    ということで、めでたくネット集客実践クラブのホームページが、「ネット集客…
  5. 2020年、日本の人口ピラミッド
    ふと日本の年齢構成ってどうなってるのかなー?と思いまして、人口ピラミッドを調べてみま…

広告

ページ上部へ戻る