飲食店の独立、開業で失敗しないための戦略勉強、ランチェスター法則による弱者必勝「飲食業・居酒屋の経営戦略」

飲食店の独立・開業は簡単。しかし、営業し続けるのは、かなり難しい。それでもするなら、せめて事前に飲食業・居酒屋の経営戦略をまず学習してください。

 

ランチェスター法則による必勝、飲食業・居酒屋の経営戦略

飲食業・レストラン・居酒屋を経営する方、これから経営したい方に役立ちます。

店舗の立地条件が良くない、店舗の面積が狭いなど、競争条件が不利な会社が成功する、必勝の経営戦略。

飲食業の売上は、「店舗の集客力が7割」「料理力は3割」で決まる。

製造業や卸売業の場合、売上高は営業力が7割に商品力は3割で決まります。

飲食業の営業は客待ちが中心になるので売上は、店舗の集客力が7割に料理力は3割で決まります。

しかし店舗の集客力は立地条件の善し悪しで決まることから、売上の7割は店舗がどこにあるか、店舗の立地によって決まってしまうのです。

ところが飲食店の8割は立地条件が不利になっているので、8割の店は店舗の集客力不足を補うため、何らかの営業方法を実行しないと赤字になってしまいます。

競争力が不利な店舗が勝つには、ランチェスター法則による「弱者必勝の戦略」を採る

これに役立つのが最強の戦略と呼ばれ、しかもいろんな業界で成果を出している、ランチェスター法則による「弱者必勝の戦略」になります。

その内容の

  • 1つ目は1位作りの料理戦略で、
  • 2つ目は1位作りの地域戦略、
  • 3つ目は1位作りの営業戦略、
  • 4つ目はお客の流出を特別少なくする顧客維持の戦略

になります。

続いて

  • 弱者教育の戦略
  • 資金戦略
  • さらにリーダーシップの戦略

と、飲食店を経営する社長には欠かせない、フルラインの戦略になります。

飲食店の8割を占める立地条件が良くない店舗に必要なのは、営業活動

飲食店の8割を占める立地条件が良くない店舗が、お客の数を多くして業績を良くする方法、それが飛込み訪問でPRするやり方です。

これはどこの店もしてないので、予想以上の成果が出ます。

もちろん飛込みのPRで成果を出すには、社長が弱者の地域戦略と弱者の販売戦術の2つを研究して、実力を高めておかなければなりません。

忙しくて時間の無い飲食業でもできる営業とは?

こう説明するとほとんどの社長は、飲食業は料理の下ごしらえや準備で忙しいので、飛込みでPRするなど「そんな余裕はない」と反論するでしょう。

でも安心して下さい。

このCD教材で説明しているやり方を実行すると、思ったよりも簡単に実行できます。

教材は業績を良くするための「経営備品」と考え、採用を考えて下さい。

「ランチェスター法則による必勝、飲食業・居酒屋の経営戦略」の目次

倒産する確率が他の業界に比べて高い飲食店・居酒屋で生き延びるために必要な戦略が学べる

「ランチェスター法則による必勝、飲食業・居酒屋の経営戦略」

の目次です。

タップ(クリック)で表示

第1章 飲食店業界の利益実態を知る

  1. 従業員1人当たりの売上高
  2. 従業員1人当たりの粗利益
  3. 従業員1人当たりの経費額
  4. 従業員1人当たりの純利益
  5. 人件費に対する純利益率
  6. 労働分配率
  7. 食材の原価率
  8. 損益余裕率
  9. 1人当たりの自己資本額

第2章 経営の基本原則をマスターする

    1. 科学的問題解決法をマスターする
    2. 経営原則は経営の定石になる
  1. 経営の全体像を正しく理解する
  2. 経営を構成する大事な要因をはっきりさせる
  3. 経営を構成する大事な要因のウエイト付
  4. 利益性の原則をはっきりさせる
    1. 原価率を下げれば利益が多くなるのは本当か
    2. 経常利益の計算式
    3. 1位になると従業員1人当たりの経常利益が多くなる
    4. 占有率の範囲を狭く考える
  5. 業績不振9つの原因

第3章 戦略と戦術をマスター

  1. 積極的な心構えを身につける
    1. 消極的な人の脳の使い方
    2. 積極的な人の脳の使い方
    3. 経営戦略を研究して戦略実力を高める
  2. 経営の目的を決める
  3. 経営目標を決める
  4. 戦術の内容を理解
  5. 戦略の内容を理解
    1. 社長の経営術4つの要因
    2. 独立から5年以内に将来計画を立てる
    3. ひどく混乱する戦略の意味

第4章 ランチェスター戦略をマスターする

  1. ランチェスターの法則
  2. 優勢企業の戦略と劣勢企業の戦略
  3. 強者の経営戦略
    1. 強者は総合1位主義をめざす
    2. 強者は市場規模が大きな業態を重視する
    3. 強者は人口が多い大都市に力を入れる
    4. 強者は営業地域を広くして全体を押さえる
    5. 強者はマス広告を利用する
    6. 強者は商品開発に力を入れる
    7. 強者は重装備な経営をする
    8. 強者は弱者が新しい料理を作ったら直ちに同じことをする

第5章 弱者の経営戦略をマスターする その1

  1. 弱者の社長は競争力がある強い料理作りや1位作りの地域作りに、強い願望と強い熱意を持つ
  2. 強い会社を攻撃目標にしない
  3. 弱者は強い会社と違った経営の差別化をする
  4. 弱者の商品戦略。競争力がある強い料理の作り方
    1. 1位になれる料理の目標を決める。
      1. 市場規模が大きな料理は避ける
      2. 小規模1位主義、部位1位主義を守る
    2. 料理の範囲をはっきり決める
      1. 競争条件が不利な店舗は料理の数を少なくする
      2. 店舗が郊外や人口が少ない地域にある場合
  5. 弱者の地域戦略。強い地域の作り方
    1. 店舗立地の決め方
      1. 良い立地の見つけ方
      2. 良くない店舗立地をマスターする
      3. 過去の営業情報を集める
    2. 多店舗出店の注意点
      1. 多くの人は強者の戦略で出店を考える
      2. 成功の秘訣は近場出店にある
      3. すぐ近くに2店舗目を出して成功したレストラン。
      4. 業績が良い会社は地域集中に多い
      5. 最も危ない東京出店
  6. 弱者の客層戦略。どういう人をお客の中心にするか

第5章 弱者の経営戦略をマスターする その2

  1. 弱者の営業戦略。新しいお客のつくり方

    1. 店舗による集客力の高め方
    2. 飛込み訪問になる新規客の作り方

      1. お客はどこの地域から来ているかこれを調査
      2. お客の所在地を地図に記入
      3. 強い地域をより強くする
      4. アプローチ用のトークを考える
      5. お礼のはがきを出す
      6. 実行の予定日を決める
      7. 飛込訪問に対する反論
    3. ポスティングで新しいお客を作る
    4. チラシで新しいお客を作る場合
    5. インターネットで新しいお客を作る
  2. 弱者の顧客維持戦略。固定客の作り方・守り方

    1. 店舗の内装は社長の性格と客層に合わせる
    2. お客に不便をかけてないか
    3. 予約のお客には3回メッセージを送る
    4. お客から好かれて気に入られるようにする
    5. お客から忘れられないようにする
    6. お客の名前と会社名をおぼえる
  3. 弱者の時間戦略。社長は実行力を高める

    1. 必勝と圧勝の時間戦略
    2. 拡大した時間の使い方
    3. 時間管理の3大要因とウエイト付け
    4. 参考 店舗改装に対する考え方

第6章 組織戦略と資金戦略。内部体制を強くする

  1. 弱者の組織戦略。従業員の教育は社長が担当

    1. 教育テーマを決める
    2. 自社に合った良い教材を準備する
    3. 教育回数を多くする
    4. 良い仕事をしたらほめる
  2. 弱者の資金戦略。価値を作るものに資金を優先配分

    1. 3種類の財務分析
    2. 資金繰りの8割は自己資本比率と固定比率で決まる
  3. 損益計算書の見方

第7章 リーダーシップ力を高める

  1. リーダーシップの構成要因をはっきりさせる
  2. リーダー5つのタイプ
  1. 社長は仕事遂行能力を高める
  2. 社長は人間関係能力を高める
  3. リーダーシップ力の高め方
  • 全体まとめ 不振店の隠れた原因



     



    <お支払いは、後日です。>

    ページ上部へ戻る