自社商圏でさらにお客を増やす、商圏分析と商圏攻略法。

ネット集客実践クラブ(大阪)

自社が有利な商圏を作るには?商圏分析と地域戦略で営業エリア内のお客を増やす

 
地域戦略で商圏攻略

商圏調査、把握することによって、

お客さんと接触できる可能性

が高まります。

また、商圏分析することによって、

  • 重点エリアをどこにするか?
  • 捨てるエリアをどこにするか?
  • 次にお客を拡大するエリアをどこにするか?

を決めることができます。

もちろん、出店前にどのくらいの需要があるか?を見極めることも大事です。

一番大事のは、

商圏のお客を確保する戦略

です。

商圏に詳しくなって、

どうやって商圏のお客をライバルに奪われないようにするか?の地域戦略

をマスターしてください。

商圏とは?

「商圏」の意味は、

あなたのお店や会社に集客できる地図上の範囲

のことです。

英語では「trade area」と表現されます。

商圏の広さ・狭さを決める要素

商圏の広さ・狭さは、

  • 店舗の大型・小型
  • 会社の業態
  • 業種
  • お客の交通手段
  • 競合店の有無
  • 地形

などによって変わります。

距離商圏とは?

一般的にお客さんの移動手段が

  • 徒歩なら商圏は500m
  • 自転車なら商圏は1kmから2km
  • 車で小型店は、2kmから5km
  • 車で大型店は、10kmから20km

と言われています。

距離によって商圏を決めること方法を

距離商圏

と言います。

時間商圏とは?

距離だけでなく、各交通手段での移動時間で商圏を分析する手法もあります。

自動車、自転車、徒歩で〇分という時間商圏です。

距離商圏のように同心円にはならずに、時間距離で商圏を測ることになります。

実際の商圏は円にならない

時間や距離の他に、商圏を決める要素があります。

それが競合店の存在です。

お客さんとあなたのお店・会社の間に

競合店

があると、そこで来店が止められます。

ですので、距離・時間・競合店の影響で、実際の有効な商圏は、円よりもいびつな形になることが多いです。

商圏強度、1次商圏、2次商圏、3次商圏とは?

商圏から来店するお客は、一律ではありません。

エリアによって、来店頻度の高い低いがあります。

来店頻度の高い低いを

商圏強度

と言います。

商圏強度の1次商圏とは?

お客さんが毎日来てくれるような地域を

1次商圏

と言います。

  • 来店顧客のABC分析で「A」に当たるエリア
  • 来店頻度が、ほぼ毎日
  • 店舗からの所要時間が徒歩で10~15分程度

などで決めます。

食品スーパーや、家電量販店など業態によって、どの指標を使って1次商圏を決めるか?は異なります。

商圏の決め方、決まり方

商圏分析の仕方

業種ごとの商圏の例

各都市での商圏の考え方

商圏分析サービス

商圏分析アプリ

商圏の攻め方、考え方を学べる経営教材

商圏の攻め方、考え方を学べる経営教材が、

竹田ランチェスターの「1位づくりの地域戦略」

です。

  • 「商圏のお客を増やしたい」
  • 「ライバルに奪われないようにしたい」
  • 「次にどこに出店したらよいか判らない」

方は、高価な教材ですが、支払った以上の利益が得られるので勉強してみてください。

ページ上部へ戻る