ネット集客実践クラブ(大阪)

SEO、Google、Yahoo(検索エンジン)からの集客対策

 
SEO、検索エンジンから売上までの最適化

GoogleやYahooといった検索エンジンから集客するための「seo(検索エンジン最適化)」のコツです。

検索エンジンから集客するための手順

検索エンジンから集客する(SEO)の手順です。

  1. どんなお客さんと繋がりたいか考える
  2. どんなキーワードで検索するかを探す
  3. 見つけたキーワードで何が求められているかを調べる
  4. ページ作りの方針を決める
  5. Googleの検索エンジン最適化スターターガイドに従ってページを作る
  6. グーグルサーチコンソールのデータを確認する
  7. グーグルアナリティクスのデータを確認する
  8. データに基づいて作ったページを更新・改善する

SEO、検索エンジン対策といえば、大体ページの作り方、被リンクの獲得の仕方が話題です。

ただ、本来のSEOを実施する目的は、

検索エンジンの向こう側にいるお客さんと売上を繋ぐこと

です。

なので、上位表示が難しいキーワードを選ばなくても、

お客さんと繋がれればそれでいい

ということになります。

難易度の高い(強豪が多い)キーワードで上位表示を目指すのも良いですが、

お客さんと繋がる接点を増やす

という観点でホームページ作りしていくほうが売上に繋がるのは早いです。

まずは、勝ちやすいキーワードで勝ちつつ、難しいキーワードで上位表示を目指しましょう。

まずは、どんなお客さんと繋がりたいか?を考える

SEOといえば、

「〇〇というキーワードで1ページ目に入るためにどうしたらいいの!」

ということを良く言われます。

「〇〇」というキーワードを色々吟味されてるとは思いますが、もしそうでない場合は、

どんなお客さんと繋がりたいか?

に立ち戻ってください。

(つづく)

===メモ===
SEO、検索エンジンからの集客と、上位表示対策

SEOとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンを使って探し物をしている人と、自店・自社と繋がるための施策。

検索結果では、「広告」と「通常の検索結果(自然検索)」が表示されます。

通常「SEO」というと、自然検索で1ページ目に表示され、お客(未認知客、潜在顧客、見込み客、今すぐ客、お客、リピーター、ファン)と繋がることを目指します。

YahooとGoogleの違いですが、YahooはGoogleから検索結果をデータとしてもらっていますので、検索結果には、ほぼ違いはありません。

お互い独自に追加している部分はありますが、自然検索の並びは一緒になります。

検索エンジンで探し物している人に接触するには、1ページ目に入ることが必要。

1ページ目に入るのに必要なことは、

 ・検索している内容についての答えの記載

 ・自分以外の周りからの評価

の2つ。

検索している人と繋がるには、検索されてるキーワードを知ることが必要。

検索している内容についての答えを記載するには、何が知りたいのか?を検索されてるキーワードから推測することが必要。

検索されてるキーワードを知るには、

 ・関連検索

 ・サジェスト

 ・Q&Aサイト

を確認します。

一括で確認できる「ラッコキーワード」が便利です。

「検索している内容についての答えの記載」で評価されるのはオリジナルな内容です。

・他のサイトに載ってない内容

・他にない画像

・他が知らないサイトの紹介(発リンクのオリジナル性)

で、オリジナル度を高める。

※発リンクは要注意

検索エンジンに書いた内容を正しく伝えるにはHTMLタグの使い方を理解する。

・タイトルタグは最重要

検索結果に表示される内容なので、検索結果からの誘導にも重要ポイント
ページに書いてある内容を端的に表しているとグーグルが判断している部分。

タイトルタグは、サイト内でユニーク(唯一)にする
「似たようなタイトル」「同じタイトル」は、グーグルがどのページをそのキーワードで評価すればよいのか判らなくなる

・ページの内容を適切に分類するために見出しタグを使う

見出しタグは本でいうところの章立ての構成を伝えるもの。

文章内の区切りや重みづけをグーグルに理解してもらうために使います。

・URLの情報に気を付ける

複数のURLで同じページは表示させない。グーグルがページを混同します。

また、外部からの評価はURL単位なので、複数のURLで同じ内容を表示していると、被リンクをもらった際に力が分散します。

ページ上部へ戻る