住所を知らなくてもLINEで年賀状を送れる仕組み(ただし、年賀状の時期だけ)

ネット集客実践クラブ(大阪)

住所を知らなくてもLINEで年賀状を送れる仕組み(ただし、年賀状の時期だけ)

LINEで年賀状を送れるアプリ

お客さんにDMハガキを送りたい、と思っても

住所と名前

を貰うが大変です。

LINEでは繋がってるけれど、住所・氏名が判らない場合は、

http://snswalker.com/line-nenga/

の記事のように

郵便局の年賀アプリ

で、送付できるみたいですねー。

LINEで繋がっていれば年賀状が送れる

送付先は相手が登録するみたいなので、こちらには判りませんが、

デザインを何とかクーポンにして、店舗まで持参してもらって回収

という形にすればいいかな?

料金は、普通紙で1枚130円みたいです。

掛ける費用は、

次の利用機会を作ってもらうための投資

と思えば安いかも?

LINEのファンには年賀状を送らなくても来店してくれるかも?ですが

LINE繋がりで、クーポンハガキを持ってきてくれるのは、そもそもファンだと思います。

勝手に利用してくれるかもしれませんが、1度住所を貰って、新規の友達連れて来てもらうような提案ハガキを送り続けてもってもいいですしねー。

世の中いろんな便利なサービスあるんで、

どっかの集客で使えないかな?

って思いを巡らせてみるのもいいかも?ですね。

ただし、残念ながら年賀状配布の時期しかアプリが稼働しないのが問題・・・(笑)

===
ふじい@郵便局さんも年中サービスすればいいのに、勿体ない。

まー、サービスの維持費が賄えないかなー?

飲食店さんは、何かチャンス見つけて、DM送付リストの件数は増やした方がいいですよねー・・・。

今年は、うちも増やしていきたいと思います。

関連記事

  1. 感謝の気持ちを込めてお礼ハガキ

    ハガキを書くのに小一時間掛かるなど・・・

  2. 申込までのハードルは低く

    ホームページから申し込みに繋がらないのは何故?

  3. SNSはヒマつぶし

    SNSは暇つぶし。なので、お客さんの暇潰してあげるのも良いこと

  4. ポスティング業者

    ポスティング業者を大阪で探すなら、全戸配布業者に依頼がオススメ。…

  5. スマホで注文入力

    新規商品説明ページ、初めて入力部分まで行った人が出ました

  6. 営業活動が大事

    関西の企業で生涯年収ダントツのキーエンスがすごい。成果を出すのに…

集客のネタ話

  1. カフェの入り口
    本当にカフェを開きたいなら、まずは、無料のコメダ珈琲さんの資料を請求してください。勉…
  2. 非常事態では、自分の手持ちの札を見直す
    ネット集客実践クラブにいいね!してくれてる方が、既存のネット資産を見直して集客できそうな…
  3. ワードプレス・ロゴ
    キニナルの掲載申し込みページは、ワードプレスのプラグイン「Contact Form7」を使っています…
  4. 週一ページ作りプロジェクト
    えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、週一ページ作…
  5. LINE
    もともとPC(Win10 パソコン)の不調があり、春休みで子供の勉強を見ながら、合間を見てPCの再イ…
ページ上部へ戻る