ネット集客実践クラブ(大阪)

ホームページのアクセス解析、グーグルアナリティクスなどの活用の仕方の例

分析

ホームページのアクセスがどれくらいあるか?などを確認できる

グーグル・アナリティクス

というツールがあります。

自分みたいなネット集客をしていると、欠かせないツールです。

  • どこからのアクセスが多いのか?
  • ページごとの成約率は、どれくらいか?
  • 成約した人はどこから来たのか?

などを知れます。

まぁ、ネットの広告を使っていたら、めちゃくちゃ便利ですね。

広告をやってる人だけじゃなくて、普通にブログを頑張ってる人でも活用できます。

今回は、その活用の一例をご紹介します。

たまにあるご褒美ページを見つけることができる

ホームページを数年運用していて、ブログもぼちぼち書いてると、

まるでコツコツ頑張っている自分へのご褒美

のように

アクセスが結構ある記事

があったりします。

記事を書いて、1年後くらいになぜかアクセスが爆発してるとか、結構あります。

グーグルアナリティクスでは、

ページごとのアクセス数

を簡単に把握できるので、たまにそれを見てみると良いと思います。

アクセスが増えてるページを見つけたら、どうする?

アクセスが増えてるページがあったら、まずは、なんの記事か確認します(笑)

1年も前だと、何のつもりで、何を書いたか覚えてないです。

読み返してみて内容を把握したら、次は、

なんのキーワードで訪問されてるか?を確認

します。

グーグルアナリティクスだけじゃ確認できないのですが、グーグルサーチコンソールを使っていると、簡単にですが判ります。

キーワードが判れば、

このページを訪問してる人が、どんな情報を求めてるか?

が大体わかります。

それを把握して、アクセスが増えてるページを改善します。

ページの改善ってどういうこと?

ブログは、自分のお店の宣伝、成約のために書いていると思います。

ただ、その時は特に深く考えずに、適当に商品やサービスに誘導しているかもしれません。

その場合は、

  1. アクセスされるキーワードを見て、
  2. 訪問者がどんな情報が欲しくて訪問してきているか?を想像し、
  3. 「訪問者が求めていること」と「自分のサービス」を結びつけるように修正

ということをやります。

こうすることで

アクセスが多いページから、注文・成約が出る

状態が作れます。

たまには、ホームページのアクセス状況を見て下さい。

こんな感じでたまにホームページのアクセス状況を見返すと、

売上アップのポイント

が見つかります。

こういうのをコツコツ継続していくと、

知らない間に売上が増えてる

ということですねー。

ブログ更新、がんばってください!

(ふじい@グーグルアナリティクス?グーグル・サーチコンソール??何がなんだかわからないけど、

やってみたい!方

は、

1回払いのホームページで集客したい方のための有料相談サービス

から、ご相談ください。

関連記事

  1. ワンポイントアドバイス

    お客にニーズが発生した時点を捉えて、待ち構えよう

  2. SEO、SEO対策

    似たようなキーワードでも、seo対策の成果報酬費用は大幅に変わる…

  3. セブンイレブンの看板の効果とは?

    恐ろしい看板・・・集客はやっぱり戦いです。社長の経営実力以上の成…

  4. ヤフー広告、Yahoo広告

    整体院でもYahoo!広告に出稿できました。審査も通れました。

  5. 裏側を見せて価値を上げ、利益を増やす

    裏側を見せて価値を上げ、利益を増やそう

  6. 「河内長野 美容室」の順位の推移・検索エンジンで1ページ目に行きたければ半年はガマンが続く

    「河内長野 美容室」の順位の推移・検索エンジンで1ページ目に行き…

集客のネタ話

  1. 天下一品 こってりmaxを
    先日(2024/02/15)、2023/6/1に発売開始された天下一品のこってり…
  2. SEO、SEO対策
    2024/02/18 09:44:36 の被リンク、994件(2024/02/17)サーチコ…
  3. 商品を並べただけでは売れない。商品、サービスは欲しくなるように紹介が必要
    ということで、久々に大阪でフォトウェディングで特徴的なサービスを展開してるフォトスタジオシミズさんの…
  4. セブンイレブンの看板の効果とは?
    結構、古い話になるのですが、うちの近所にセブンイレブンさんが出来ました。元々は、ミニストップ…
  5. 戦略質問
    今まで順調にグーグル広告で集客が順調だったけれど、商圏内にライバル店ができる。フランチャイズ…
ページ上部へ戻る