ネット集客実践クラブ(大阪)

広告文で読み手の属性を知る。ネット広告のメリットは数字で反応がわかること。

グーグル広告

Google広告を再開しました。

まだまだ注文には遠い感じですが、今回の広告では

文章の違う広告を複数出して読み手の属性を知る

ということをやってみました。
(というか、最初からやらないとダメなんですけど、久しぶりで忘れてました(笑))

文章の違う広告って?

例えば、

「富田林 美容室」
「金剛 居酒屋」
「富田林 お土産」

というキーワードだと、

地域のお店探してるなー・・・

ということはわかります。

が、そのお店に何を求めているか?はわかりません。

「富田林 お土産」だと?

「富田林 お土産」だと、

洋菓子

なのか、

和菓子

なのか、はたまた

地域の特産品

なのか、何を探してるのか判らないです。

まぁ、漠然と「お土産」を探してる人に

うちの商品お土産にどうですかー?

って提案するのもいいんですが、

決まったものを探してない人

に1度のアクセスで購入してもらうのは、結構むずかしいです。

なので、自分のお店が洋菓子店なら、広告文では

洋菓子

を前面に出して、

富田林の洋菓子のお土産を探してる人

にアピールします。

的を絞って広告費を下げながら、売上を増やす

そうすると、クリックする人は、

洋菓子のお土産

が欲しかったんだから、

購入する気になる

ということですね。

他にほぼ選択肢がない場合は、選ばれる確率も高くなるでしょう。

うちの場合は、まだまだイバラの道が続く・・・

今やり始めたうちの場合は、

地域決まらず、業種も決まらず

なので、正直、イバラの道はまだまだ続く・・・です。

広告の反応を見て、

このキーワードで検索する人

は、

どういう業種の人が多いか?

を見極める段階ですね。

本当は、逆で狙いを定めてからやるべきなんですけど・・・(苦笑)

ま、回り道しながらでも、

売上というゴール

に向かって、一歩一歩進んでいきたいと思います。

===
ふじい@ネット集客はアナログと違って、反応が数字でわかる、というのがメリットです。

確かに費用は出ていきますんが、得られる情報はそれ以上だと思います。

ぜひ、2021年は、挑戦してみてくださいね。

関連記事

  1. 理想のお客さん探しのマインドマップ

    「今いる理想のお客さん」洗い出せましたか?

  2. ワンポイントアドバイス

    お客にニーズが発生した時点を捉えて、待ち構えよう

  3. ルービンの壺のように、隠れた宝の用途を探そう

    同じ商品でも用途を増やせば、売上は増える

  4. スタバの接客ってこんなに凄かったんですか!完璧な顧客戦略

  5. 誰に売るか?を考えると売れる。売れてないなら、ちゃんと客層を選ぶ…

  6. グーグルにインデックス化されない

    ページがインデックスされない・・・検索エンジンの不思議・・・

集客のネタ話

  1. 商品企画をする際に、検索キーワードを追ってニーズを確認して企画したという事例…
  2. 予約する
    SNS広告出してますが、ちょっと面白い気づきあったのでシェアします。内容は全く同じ広告で…
  3. 裏側を見せて価値を上げ、利益を増やす
    面白く拝見しました。琉球ガラスに革命を起こした父を超えたい――売上減、材料減のコロナ禍で2代…
  4. コロナ禍も、もうすぐ終わり
    緊急事態宣言が開けたからからか、今まで、ガラガラだったスイミングの駐車場が、満車で道路まであ…
  5. 悪いクチコミは上書きで消す
    ちょっとしたきっかけがあって、ネットのよろしくない口コミを検索結果に出ないようにでき…
ページ上部へ戻る