ネット集客実践クラブ(大阪)

「隠れ家的」が、本当に「隠れ家」になってはいけない(笑)

隠れ家的レストラン

「隠れ家的なお店」「知る人ぞ知るお店」などなど魅力的なフレーズあります。

が、

本当に「隠れ家」

になってはいけないし、

「知らない人ばかりのお店」

になってもやっていけません。

もし

「使ってもらったら、
良さが判ってもらえるのに」

という状態なら、集客の流れの

前の二つの矢印部分に課題がある

と考えてください。

未認知→潜在顧客の部分に課題があるかも?

未認知→潜在顧客の部分に課題があるかも?

商圏内の人は、たいていお店は知ってる

普通、実店舗を構えたら、商圏内の人は、近くを通ったり、人から話を聞いたりしたことはあるはずです。

もちろん、あなたも集客・PR活動されてますしね。

でも、

頑張ってるのに、なぜか集客が上手くいかない

ということだと、上の画像でいうと、

未認知 → 潜在顧客の部分
(「知らない」から「知ってる」)

は乗り越えた状態になってるけれども、

ニーズが発生した時に、候補に挙がる

ほど知られてないというです。
(潜在顧客には、なり切れてない)

なので、集客の流れの

前二つの矢印を乗り越えてもらうよう

情報発信する必要がある

のです。

「情報」ってナニ?

「情報発信する必要がある」って言われても何すりゃいいの?かもしれませんが、

ニーズに対して、候補になってない

なので、

ニーズについて情報発信

するということになります。

  • お客さんが、自店をどう使ってるか?
  • 自店はどういう時に使ってもらってるか?

【しつこく】発信ですね。

それだけじゃないですが、まずはそこ

もちろん、その他いろいろな要因があります。

ニーズについて発信しても、そこにはより強力なライバルが、もっと上手に仕組み作りしてるかもしれません。

なので、

どんなニーズに対して、
自店は他に負けないようにするか?

をしっかりと戦略を立てる必要があったりします。

ま、どこを狙うか?は、簡単に決めると痛い目にあうお話なので、

今すぐできること

としては、

ニーズについての情報発信

ですね。

1回や2回じゃ覚えてもらえないので、

100回以上、同じニーズで発信するつもり

で取り組んでみて下さい(笑)

(ふじい@大体、他の人は自分に興味ありません。それでも、覚えてもらうには100回繰り返すくらいの気持ちが必要かなー・・です。)

関連記事

  1. お客さんの本音、商品・サービスに求めている本当の願望

    「ホンネ」は大事。広告やチラシのキャッチコピーの作り方

  2. 単なる愚痴・膨大な作業量から逃げたいです(笑)下手の考え休むに似…

  3. フォロワーに良い情報を発信する

    SNS頑張るなら、フォロワー数を増やすより、良い情報発信を心掛け…

  4. 誰に売るか?を考えると売れる。売れてないなら、ちゃんと客層を選ぶ…

  5. お店の言うことは聞かない、友達の言うことなら聞く

    「お店の言うことは聞かない、友達の言うことなら聞く」、口コミをも…

  6. コロナ禍も、もうすぐ終わり

    習い事、お迎え渋滞!コロナ禍から少しずつ日常を取り戻しつつありま…

集客のネタ話

  1. 商品企画をする際に、検索キーワードを追ってニーズを確認して企画したという事例…
  2. 予約する
    SNS広告出してますが、ちょっと面白い気づきあったのでシェアします。内容は全く同じ広告で…
  3. 裏側を見せて価値を上げ、利益を増やす
    面白く拝見しました。琉球ガラスに革命を起こした父を超えたい――売上減、材料減のコロナ禍で2代…
  4. コロナ禍も、もうすぐ終わり
    緊急事態宣言が開けたからからか、今まで、ガラガラだったスイミングの駐車場が、満車で道路まであ…
  5. 悪いクチコミは上書きで消す
    ちょっとしたきっかけがあって、ネットのよろしくない口コミを検索結果に出ないようにでき…
ページ上部へ戻る