ネット集客実践クラブ(大阪)

ホームページで安定した集客を目的に、#週一ページ作り をやっていきましょう

週一ページ作りプロジェクト

えーと、大阪狭山でも人気の美容室エメールヘアの木全さんが参加してくださったので、

週一ページ作りプロジェクト

というか取り組み始めていきます。

週一ページ作りプロジェクトって何するの?

文字通り、

週一で、集客できるページ作り

をしていこうかなと思います。

集客のためのページを作る

作るのは、

集客目的のページ

ですね。

お客さん候補からのアクセスが見込めないページを作っても、儲からないです。

われわれの時間は、ほんとに貴重なリソースなので

使うなら儲けのために

です。

ホームページ、ブログは新規集客のため

今回は、ブログ、ホームページの充実化なので、基本的に

新規顧客を獲得するため

にページを作ります。
(既存客→リピートはSNSの方が得意ですね)

具体的には、

  • 自分を知らない人に知ってもらう
    (未認知客を認知客に)
  • 知ってもらった人に覚えてもらう
    (認知客を潜在顧客に)
  • ニーズに気づいてない人に、気づいてもらう
    (潜在顧客を見込み客に)
  • 検討中の人に、選んでもらう
    (見込み客を今すぐ客・お客に)

これらのいずれかの段階のためのページ作りです。

うちの場合は、未認知を認知客化をやろうかなと

うちの場合は、

キニナル
https://kininaru.info/

がこのプロジェクトの参加サイトです。

キニナルは、まだお店の掲載が無いので、

地元情報でアクセスを集め、未認知客を認知客にする流れを作りたい

と思っています。

来年のために、狭山池の駐車場の情報などを整備していってるので、まずはそこですね。

計画は遠大ですが、進みは一歩ずつ

ま、今日やって明日完成するような内容でもないです。

なので、この

週一ページづくり

なるべく週1ページ完成

させていきたいと思います。

週一ページづくり、具体的には何したらいいの?

「週一ページづくりプロジェクト」ですが、具体的には

  1. どのページを作るか決める
    (ラッコキーワードなどでアクセスニーズ確認)
  2. 毎週月曜日の朝、このグループで作るページを宣言(スレッドは当方が立てます。)
  3. とりあえず見出しだけでも書く
  4. すきま時間で見出しの内容を埋めていく
  5. 完成したら完成報告

です。

もちろん、

  • 1週間で終わらなくても全然OK
  • 既存のお客さんに未完成のページを見られたくないなら、下書きや過去日付でもOK

です。

できれば、SNSで拡散

できれば、SNSで

#週一ページづくり

のハッシュタグをつけて

  • 作業開始時
  • 作業中
  • 完成

いつでもいい

ので拡散してほしいです。

多分、かなりしんどいプロジェクトなので、

仲間増やして、励ましあい
(けん制しあい?)ながら完遂

していきましょう(笑)

2021年、あと8ヶ月、がんばりましょう!

ということで、とりあえず

2021年12月までの8ヶ月

がんばりましょう!

関連記事

  1. 成功する人の特徴

    成功する人の特徴って?今は出来なくても、これからできれば成功でき…

  2. M-1

    プロと素人の見方は違う。商品・サービスを買ってもらうには、翻訳し…

  3. 養老乃瀧 滝谷不動店のチラシ

    集客、お客獲得、ツライときこそ、やれることは全部やろう

  4. ハッシュタグを活用してネット集客

    SNSで「狭山池に来る人」を集客するには?

  5. 総合スーパー

    ランチェスター法則を勉強してたら、なぜ総合スーパーが衰退していっ…

  6. フォロワーに良い情報を発信する

    SNS頑張るなら、フォロワー数を増やすより、良い情報発信を心掛け…

集客のネタ話

  1. 商品企画をする際に、検索キーワードを追ってニーズを確認して企画したという事例…
  2. 予約する
    SNS広告出してますが、ちょっと面白い気づきあったのでシェアします。内容は全く同じ広告で…
  3. 裏側を見せて価値を上げ、利益を増やす
    面白く拝見しました。琉球ガラスに革命を起こした父を超えたい――売上減、材料減のコロナ禍で2代…
  4. コロナ禍も、もうすぐ終わり
    緊急事態宣言が開けたからからか、今まで、ガラガラだったスイミングの駐車場が、満車で道路まであ…
  5. 悪いクチコミは上書きで消す
    ちょっとしたきっかけがあって、ネットのよろしくない口コミを検索結果に出ないようにでき…
ページ上部へ戻る